サブ画像

健康コラム 第7回

手軽に豆乳♪

昨年くらいから「豆乳」がマスコミに頻繁に取り上げられるようになり、様々な種類の豆乳が店頭に並ぶようになりました。「豆乳は体に良い!」と聞いて何となく飲んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?では、一体豆乳の何がそんなに良いのでしょう???今日は「豆乳ってすごい!」っと感じて頂けるお話しを紹介したいと思います!

私の知人で50歳くらいの女性がいます。彼女は身体も健康なのですが二年ほど前からまぶたと手首にひどい湿疹のような肌荒れが現れました。湿度の高い日はまだマシだったのですが、晴れた乾燥した日には痒みが増し、どんどん赤みを増しました。ちょうど更年期障害の年代ということもあって婦人科や皮膚科を受診したのですが、「原因が分からない」と言われ、処方される薬も効きませんでした。そこで私は栄養豊富な豆乳を毎日飲んでみては?と勧めました。処方された薬を一切やめ、物は試しと毎日豆乳を飲んだ彼女の皮膚は見事に治りました。これには本人もビックリ。勧めた私も正直ビックリしました・・・。今でも原因は分かりませんが、私の憶測では①豆乳に豊富に含まれるビタミンB1、B2、B6、ビタミンEが肌の健康を保つのに有効であったこと②イソフラボンが女性ホルモン(エストロジェン)の代替ホルモンとしての働きが更年期障害の予防に役立ったのでは?っということが彼女の謎の肌荒れを治めてくれたのではないかと思います。今でも彼女は毎日欠かさず豆乳を飲んでいるそうです。
そこで今日は、彼女を救った「豆乳」が持つ様々な栄養素をご紹介しましょう!

不足しがちな栄養をコップ一杯で補える!

豆乳にはアミノ酸やビタミン、リノール酸、ミネラルなどが豊富に含まれています。これらの栄養素は普段の食生活だけでは不足しがちですが、豆乳を飲むことで手軽に補うことが可能なのです。その為、お子さんには植物性たんぱく質や、発育に大きな効果をもたらす「リジン」を多く含んだ豆乳ならば、たんぱく質のバランスが良くなり、お子さんの成長をサポートしてくれます。女性には「美容ビタミン」といわれているビタミンB1、B2、B6、ビタミンEがたっぷりです。ビタミンEは肌の健康を保つのに有効。さらに、女性に不足しがちな鉄分は、なんと牛乳の10倍以上含まれているそうです。またビフィズス菌の働きを活性化するオリゴ糖もたくさん含んでいます。豆乳はノンコレステロール飲料なので男性にも安心して飲んでもらえるます。外食しがちな方にはビタミン、ミネラルが手軽にとれる豆乳がぴったりです。
そして何より豆乳といえば「イソフラボン★」イソフラボンは癌や骨粗鬆症の予防に有効と言われています。イソフラボンは大豆のフラボノイドの一種で、別名「植物エストロジェン」ともいわれ、代替ホルモンとしての働きが骨粗しょう症や更年期障害の予防に役立ちます。
その他、食前に飲むことで大豆サポニンが絨毛(腸内)の拡大を縮小して正常に戻すため余計な栄養を吸収しにくくします。その結果ダイエット効果があるとも言われています。また豆乳に含まれるオリゴ糖がお通じを良くし、便秘解消につながるとも・・・。
そんな良いことだらけの豆乳を飲まないなんてもったいない!っということで豆乳飲まず嫌いのみなさんに、まずは豆乳の種類からご紹介しようと思います。豆乳には大きく分けて3種類あるのを、ご存知でしたか?

  • 無調整豆乳・・・大豆を絞ったままの、濃度の高い豆乳です
  • 調整豆乳・・・・糖類などを加えて飲みやすくした物で、濃度はチョット低め
  • 豆乳飲料・・・・果汁などを加えたもので濃度は無調整の半分ほど


私自身「まずい」という印象を持っていた豆乳。その意識を打ち砕いてくれたのは「調整豆乳」でした。ほんのり甘く、「豆」というストレートな味ではなかったため、飲みやすくグビグビ飲むことができましたよ♪メーカーによって味は様々ですが、中には全く豆の味がしないものまであるんです。豆乳に苦手意識のある方はまず調整豆乳から試してみて下さいね!但し糖分が含まれている事をお忘れなく!それでもやっぱりダメ!っという方は豆乳飲料を。どちらかというとジュース感覚ですが、だんだん豆乳の味に慣れてきて調整豆乳も飲めるかも?!調整豆乳がすんなり飲めるようなら無調整豆乳を試してみましょう!
調整豆乳に比べ豆のストレートな味はしますが栄養はばっちりです。糖分も調整豆乳よりぐっと減ります。味に抵抗がなければ本当に手軽に豊富な栄養を摂取できますし、一日コップ一杯飲むだけという手軽さ。体に良いことだらけの豆乳。是非みなさんも飲んでみませんか???