サブ画像

健康コラム 第6回

ぽっこり下腹をへこませる!

“下半身太り”は筋力の低下が原因です。
そもそも、下半身太り等といった部分太りの原因は、その部分の筋力低下が大きな原因になっています。皆さんは「年々下半身にぜい肉がついてきた」とか「体重はあまり変化がないのにお腹が出てきた」などの体の変化がありませんか?下半身太りは多くの女性の悩みの種となっています。人間の体は股関節や骨盤を基軸に230箇所以上ある関節の連続でスムーズな動作をし、活動しています。そしてこれらの関節を支えているのは各筋肉です。下半身太りの原因は筋肉の老化と歩き方にあります。歩き方が悪いと脚の筋肉がうまく使われないために筋肉が低下します。そして骨盤や股関節のゆがみが恒常化し、そのままの状態で固まってしまうのです。筋力の衰え(柔軟性を失い老化した状態)、アンバランスが体の色々な場所に肥満や病気などの状態をもたらすのです。
筋力の低下=老化だという事を肝に命じてください。

さて、ここでぽっこり下腹をへこませる体操をご紹介致します。決して無理をせず、毎日続けてみて下さい。約2週間程で効果が現れます。ここで大事なのは、お腹の筋肉に意識を集中させることです。「痩せる!痩せる!」と意識しながら・・・。体操が終わった後は「痩せなくてもいいけど、痩せていたら嬉しいなぁ」と自分のお腹に声をかけてください。脳からホルモン分泌の指令が出て効果は倍増ですよ!

仰向けになり、両膝を軽く立て、両手はお腹の上で軽く組んでいる図
①仰向けになり、両膝を軽く立てます。両手はお腹の上で軽く組みます。
お腹に力を入れて上体を起こしている図
②お腹に力を入れて上体を起こします。
息を吸いながら頭を床に着けずに上体を戻す図
③息を吸いながら頭を床に着けずに上体を戻します。

★1度に5~8回繰り返しましょう。